sekaikeizai1

 私はSBI証券で住信STAMシリーズのバランスファンド「SBI資産設計オープン(資産成長型):愛称 スゴ6」の定期買付を毎月粛々と行っている。スゴ6は国内外の株式・債券・REITに均等に投資し、国際分散投資と資産三分法を何も考えずに実行してくれるお手軽なバランスファンドである。しかし、スゴ6には今後の成長が著しい新興国のアセットが組み入れられていない。個別に新興国のインデックスファンドを組み入れればいいかもしれないが、積立て投資のコアとなるファンドは何も考えなくても全部入りのバランスファンドがラクチンだ。

 インデックスブログをサーフィンしてきて見つけたバランスファンド、「世界経済インデックスファンド」だ。

世界経済インデックスファンド

運用方針:国内、先進国、新興国の公社債および株式へ分散投資
     各々の動きを表す代表的な指数(インデックス)を
     地域別のGDP総額の比率を参考に投資比率を決定

信託報酬:0.714% 財産留保額:0.10%

決算日:1月20日 分配金:年1回

sekaikeizai2

 世界経済インデックスファンドは日本の組み入れが株式と債券合わせても10%しかなく、今後の発展が大きく見込める新興国が25%入っているのが魅力的だ。外国の比率が80%と結構高くなってしまうが、経済成長が今後頭打ちになりそうな日本は少ないくらいでちょうどいい。スゴ6にはあったREITが入っていないけど、REIT自体が結構いい加減な金融商品なのでむしろ好都合だ。

 STAMインデックスシリーズで定評のある住信だけあってコストは低い。さっそくSBI証券でスゴ6の定期買付を中止して、世界経済インデックスファンドを私のメインファンドとして積み立てることにした。スゴ6はそのまましばらく保有し続け、適当なところで売却して現金化&再投資するつもり。

スポンサーサイト